MT4でEA(自動売買)を運用していると基本的に起動したまま放置にすることが多いと思いますが、自分のPCにインストールしたMT4で取引していると色々不都合なことがあります。

私も最初は自分のPCにMT4をインストールして取引を行っていましたが、今はサーバー(VPS)を借りてそこで取引しています。

この記事では、サーバー(VPS)を利用して取引したほうがよい理由やおすすめなサーバーの選び方について解説したいと思います。

サーバー(VPS)が必要な理由


なぜわざわざサーバーを借りているかというと、MT4を24時間稼働させる必要があるからです。

PCはそもそも常に起動させたまま使用するのではなく必要な時にだけ使用することを前提としています。

そのため部品が故障したり寿命になる度にPCが停止してしまう可能性があります。

もし取引をしていて突然PCが使用できなくなるとポジションを決済することもできないため、大きな損害を受ける可能性がありますね。

故障だけでなく停電によるPCの使用不能もあります。

停電の場合はバッテリーのあるノートPCであれば数時間は使用できる可能性がありますが、デスクトップであれば停電した瞬間にシャットダウンしてしまうためどうすることもできません。

復旧しても強制シャットダウンの影響でPCのデータが消滅する可能性があり心配事は多いです。

以上のことからMT4でEA取引をするならサーバーを借りて運用することを推奨します。

サーバー(VPS)の種類


サーバーというとウェブサイト運営で使用するレンタルサーバーやクラウドなど色々な種類があるかと思いますが、取引に使用するのはVPSという種類です。

OSの種類


サーバーで使用するOSにはWindowsとLinuxがあります。

MT4はWindows用アプリケーションであるためOSはWindowsを選べば問題ありませんが、LinuxでもWineというアプリケーションを用いることでMT4を使用することができます。

Linuxはライセンス料が不要なのでWindowsに比べて料金が安いです。

ただし導入するのに多少の知識が必要なので、簡単に始めたいという方はWindowsのほうがいいです。

CPUの性能


CPUの性能はコア数、周波数、ベンチマークスコアなどで決まります。

いずれも数値が大きいほど優れていますが、高性能なものは料金が高くなります。

コア数に関しては事前に数値を知ることができますが、周波数やベンチマークスコアに関してはサーバーを借りて調べないと確認できないので注意が必要です。

ベンチマークスコアは専用アプリケーションによって計測することが可能なので興味があれば調べてみるといいです。


メモリの性能


メモリは多いほど起動できるMT4の数を増やすことができます。

1GBのプランでMT4を2~3個利用できますが、ギリギリまでメモリを使用してしまうとフリーズする可能性があるので余裕のあるプランにしたほうがいいです。

ディスクの性能


ディスクはMT4や必要なアプリケーションの保存に使用する量が必要です。

スペックの数値はOSなどデフォルトの状態で使用する分も含まれるのでMT4をインストールできる余力がある量を選択します。

ディスクの種類は、SSDとHDDがありますがSSDのほうが処理速度が速いためおすすめです。

ロケーション


サーバーはデータセンターに設置されていますが、ブローカーの取引サーバーもデータセンターにあるため物理的に近い場所であるほど取引の遅延が少ないです。

MT4とブローカーサーバーの距離はMT4でpingをみることで確認できます。

ブローカーサーバーは東京のTY3(エクイニクス社のデータセンター)にあることが多いです。

おすすめサーバーの特徴(Windows)


おすすめ①


性能     ★★☆
ロケーション ★★★
設定が簡単  ★★★
コスト    ★☆☆
信頼性    ★★★

おすすめな理由はブローカーサーバーが多い東京にサーバーがあるため遅延が少ない点、初心者でも悩まずに導入しやすい操作画面となっている点です。

また使用していてサーバーが止まるようなこともなく信頼性が高いです。

コストに関しては高めの印象です。

おすすめ②


性能     ★★★
ロケーション ★★☆
設定が簡単  ★★☆
コスト    ★★☆
信頼性    ★★★

さくらは性能と信頼性に関して国内最高のメーカーだと思います。

悩んだらさくらを選べば間違いないです。

デメリットはサーバーが石狩にあるため、ブローカーサーバーと距離が離れていることです。

おすすめサーバーの特徴(Linux)


おすすめ①


性能     ★★★
ロケーション ★★★
設定が簡単  ★★☆
コスト    ★★☆
信頼性    ★★★

さくらはカスタムOSを選べるため軽量なLinuxディストリビューションを導入すると最強の取引環境をつくれます。

サーバー性能も高いので取引環境にこだわるならさくらがいいです。

ロケーションを選ぶ際に東京より石狩のほうがCPUが新しく性能がよかったです。

おすすめ②


性能     ★★☆
ロケーション ★★★
設定が簡単  ★★★
コスト    ★☆☆
信頼性    ★★★

Linuxは導入が難しいところが多いですが、コノハは簡単に設定できるように工夫されているのでLinuxに慣れていない方はこちらがおすすめです。

データセンターが東京なので遅延もきにならないと思います。

他社より料金が高めなのがデメリットですかね。

おすすめ③


性能     ★☆☆
ロケーション ★★★
設定が簡単  ★☆☆
コスト    ★★★
信頼性    ★☆☆

料金が他社より爆安なサーバーです。

時間単位で課金される仕組みなので使用時間が少なければさらにお得になります。

デメリットとしては導入がわかりづらいことと性能が良くないことですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加